坪内政美公式ブログⅡ

どつぼにはまってサー大変

駅スタンプ第八弾は予土線十川駅に

「もっと駅にスタンプを」と、名物駅にスタンプを寄贈して町おこしに役に立ててもらおうと始めたエキスタ活動も
通産8個目となる今年は予土線十川駅に寄贈することとなりました。
四万十川が一望できる駅がある高知県四万十川町(旧十川町)は全国でも初めてとなる
鯉のぼりの川渡しが名物の一つ。予土線の車窓からも、4月中旬から5月にかけて、約500匹
の鯉のぼりが、流域にダムがないことから、最後の清流と呼ばれている四万十川の上空をなびいている。
十川駅


昭和49年に中学生の少年達が鯉のぼりを揚げてもらえなくなったと地域の体育会のメンバーが知り、
それらを集めて子ども達に川渡しをプレゼントしたことから始まったという。当初は約50匹あまりだったという。
いまや高知を代表する観光名所となったが、いまも使われなくなった鯉のぼりが集まってくるという。
十川1

その最寄りとなっている十川駅だが、今年3月のダイヤ改正で離合施設(つまり、上り下りの列車が行き違う施設)が解除され、
片側のみの使用となり、先日線路をはがされてしまった。また、以前まで停車していた日本初(国鉄・JRとして)となる
しまんトロッコも通過されてしまっている。
十川2


そんな寂しい状況となってしまった十川駅への付加価値を少しでも回復できればと、今回の製作・寄贈となった。
スタンプは、今回予土線初となる五角とし、四万十川になびく鯉のぼり名物列車しまんトロッコを横切らせた。
色はを予定。
十川3


設置場所は、寄贈駅が無人駅であるため、一昨年から、自身が予土線利用促進対策協議会のアドバイザーを務めている
ご縁もあって、駅から徒歩5分の国道沿いにある四万十町役場 十和地域振興局の玄関に地域振興課のご協力で設置することになりました。
寄贈は4月下旬の予定で、5月から押印できるように調整中です。

スポンサーサイト
  1. 2016/04/25(月) 01:05:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ぽっぽやをまっとうした「ばす」にありがとう。 | ホーム | 電車珈琲第三弾出ました!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dotsubo38.blog.fc2.com/tb.php/57-98a886a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)