坪内政美公式ブログⅡ

どつぼにはまってサー大変

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

■日本一の鉄道ビューホテルを目指して。その③

201

約半年間の準備を経て、新年1月半ばの週末。
いよいよ部屋の突貫作業が始まった。
これまで、鉄道部屋製作に集まってくださった方、のべ約20人。
部屋改築部隊とジオラマ製作部隊に分かれて作業をしてくださいました。
「このスペースはサボでうめたいね。」
「座席に座ってエロエロDVD(鉄道モノ)は鑑賞できるようにしたい…」
よってたかって意見が交わされ、作業を進める。
「ムーンライト高知のカーペット車らしく、畳を壁側に並べ替えて、整列して
布団が敷けるようにしたらどうだろうか。」と意見。
早速畳を全て取り除き再度並び替えるが、僅かな隙間が生じてしまい、あえなく断念。
「ジオラマは、押入れに照明を設置して隠しジオラマにしたい。」と提案したが、
これまた譲り受けたジオラマのサイズが、僅かに大きく、3cm差で押入れに入らないことが
判明。やむなく部屋に設置することにし、
「鉄道ファンの部屋みたくコテコテの鉄部屋にしよう」とこれまで殺風景な和室の部屋が
「にわか工務店」という名の我々の手によって変えられる。しかし、壁や柱を傷つける釘うちやビス止めは避けよう
と決めていたため、設置にはかなりの苦労が伴ったが、
そこは、私の頭では思いつかない発想で資材を調達し形にしていく。
今回は身近なものを使ってのジオラマ製作といい、集まってくれた皆さんにただ関心し勉強になった。
204
203
200
213
作業は夜遅くまで続き、会議室を使ったプラレール部屋に鎮座しておいた「高見の見物席」
客車座席を運び入れてこの日の作業は終了。
夜は、町おこし列車として毎年走らせている「どつぼ列車」でもいろいろとお世話になっている
地元の方々にぼけ鍋をご馳走になり、ホテルさんが用意してくださった大部屋で一夜を明かすことに。
久々に、まるで修学旅行状態。
結局話し込んだりして寝不足のまま二日目を迎える。
朝は、ホテルの7階「スカイレストラン」で朝食。ここからみる土讃線の鉄橋が最高!
当然カメラを持参で朝食をいただくが、列車が橋梁を通過するたび、私を含めて
立ち上がって朝食をとる有様。メンバーから、
「落ち着いて食べなさいよ。」と叱られる。
この朝の風景は、宿泊した者でないと撮れない特権だ。
そして、この日もメンバーが加わり、黙々と作業は続く。
なんとしても夕方には大筋で完成させなければ。
一方ジオラマは、木工用ボンドの匂いで充満する会議室で最後の仕上げとなる飾り物の接着。
押入れに入らなくなった以上、布団の上げ下げの際に生じる突風に耐えられる様にするためだ。
202
212
イメージは土讃線。もともと、基本ベースも土讃線の急勾配を再現したという個人さんから譲り受けたレイアウトをさらに山を造り、イメージアップしていく。車両もかつて土讃線で活躍したキハ20形気動車やDF50形電気式ディーゼル車を配置。
ポイントの一部が正常に動かない課題を残したまま時間切れとなったが、レイアウトは完成。
慎重に4階にある鉄道部屋へ搬送。
「吉野川第二橋梁がみえる鉄道部屋 ムーンライトおおぼけ」はこうして一旦の完成をみた。
ご賛同くださいました皆さんや作業に来てくださいました方々に感謝です。ありがとうございました。」
211
スポンサーサイト
  1. 2014/01/26(日) 14:51:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日本一の鉄道部屋をめざして  その④ | ホーム | ジパングクラブ会報誌に掲載されました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dotsubo38.blog.fc2.com/tb.php/42-1fe2f4a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。