坪内政美公式ブログⅡ

どつぼにはまってサー大変

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

■日本一の鉄道ビューホテルを目指して。その①

すっかり恒例となったどつぼ列車。
土讃線での運行でいつも撮影ツアー客の撮影場所としてご協力や昨年の第七弾となった「たらぼけ」号では、
スタッフの宿泊場所でお世話になるなど、大変お世話になっているサンリバー大歩危というホテルだ。
さんりばー4

このホテル、土讃線のハイライトともなる吉野川第二橋梁が一望できるところにある四国隋一の鉄道が見える
ホテルで、自身も昔から撮影や日帰り入浴などでよく利用している。
サンリバー1
定番の撮影スポット。ホテルは鉄橋の反対側にある
さんりばー2
7階の食堂から見られる鉄道ビュー。5・6階の展望風呂からも眺めることができる。
さんりばー3
実は、裏側も撮影スポット。

近年は、雑誌などで機会あれば、鉄道ビューのホテルということで、紹介しているが、ここんところの不景気
で利用率が低迷していると聞いた。そんなサンリバー大歩危で更なる話題づくりに貢献できないか。そこで
今年始めから、ホテルと協議して今までにない鉄道部屋をプロデュースすることにした。まずは、第一弾として
部屋全部が、プラレールという部屋を夏休み特別企画として8月5日から三階会議室で、オープンさせた。
さんりばー10

「プラレール部屋」は、1時間500円の一組限定で、こころゆくまで遊べるもので、従業員から寄贈された
プラレールがところ狭しに敷き詰められた。また、鳥取・若桜鉄道隼駅を守る会のご協力で導入した、
岐阜県・元樽見鉄道あった国鉄14系客車の座席を展示。「高見の見物席」として座ってもらうことにした。
また、ホテルのご好意でどつぼ列車コーナーをロビーに設置していただいていたことから、これを充実し、
昨年開催した「たらぼけ」号ヘッドマークや車内販売用で大活躍した乳母車改造のオンバーも展示された。
さんりばー11

さんりばー12

今後は、鉄橋の見える部屋を鉄道部屋「ムーンライト(仮称)」をこの秋オープンに向けて改装する予定だ。
スポンサーサイト
  1. 2013/08/11(日) 22:34:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<■松山で異色鉄道展&トークショー「DOTSUBO EXPO」開催します。 | ホーム | 清流しまんと最後の夏! ~お初だらけの夕涼み~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dotsubo38.blog.fc2.com/tb.php/30-e77f083b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。