坪内政美公式ブログⅡ

どつぼにはまってサー大変

清流しまんと最後の夏! ~お初だらけの夕涼み~

予土線活性化協議会のアドバイザーとなって、最初に仕掛けた貸し切り列車
「夕涼みトロッコ号」。活性化には、まず線路の中からと、メンバーとJRさん、沿線で活動している方々が一緒に楽しむことを目的に、この夏で元祖トロッコとして1984年からの歴史に一旦ピリオドを打ち、この秋に「しまんトロッコ」としてリニューアルされる清流しまんと号を使用して、7月の週末のいい思い出となりました。
この日もトロッコ運用日となる清流しまんと号編成。宇和島運転区さんのご配慮で、手早くトロッコの付け替え作業を行っていただき、沿線各所や松山・伊予西条市内や遠くは岡山から集まった約35名が乗車して、夕方宇和島駅を出発、江川崎までの約35キロを約1時間30分かけて登場以来初めてとなる夜間のトロッコ運行となりました。

今回は従来トロッコ乗車区間ではない宇和島~近永間をトロッコで過ごして頂きました。夕涼み1
北宇和島~務田間の約6キロにわたる急勾配ゆえに低速になることを逆手にとって、トロッコ乗車に適した環境となった本来は、始発駅と終着となる窪川で特急列車の接続の関係で、今まで実現しなかった乗車区間だけあって、地元の方も興味津々。ヒグラシの声が直に聞こえる夕刻の予土線を登ります。
夕涼み5
一方、トロッコ牽引&控車となるキハ54系気動車。いつもは、こんな車内ですが・・・
夕涼み6
この日は、お座敷仕様にしてみました。
夕涼み7
床面にブルーシートを敷いた上に御座を重ね、集会場によくある短いテーブルで仕切り、座布団仕様。
今回、沿線鬼北町さんに大変お世話になりました。この場を借りましてお礼申し上げます。

普段乗っている普通列車が宴会場に。ご参加くださったJRの方々も驚いていました。
で今回ご用意したお弁当はもちろんオリジナル!掛け紙も用意し、滑り止めのコースターも当日、沿線に出向き、
駅スタンプを押してきたこちらもオリジナル。記念証つきで好評でした。
夕涼み3
夕涼み4
自分の住む町の駅にこんなスタンプがあったのかと感心する方も。
夕涼み12
宇和島駅主催のビールトロッコでも出されている真珠会館の弁当を採用。
夕涼み13
記念証も作りました。
夕涼み11
普段ではありえないドア付近の光景

ワイワイがやがやとあっという間に列車は、江川崎に到着。
ここで、トイレ休憩と久しぶりに行われるという機回しというトロッコ付け替え作業をホームで見学。
トロッコ1
うかつにも首謀者である自分がまたもや乗り遅れそうになりながらも、列車は、宇和島へ。
帰りは、真っ暗闇の中をディーゼル音を響かせ、出没する鹿にドキドキしながら、
四国一短い25mという真土駅の通過を大の大人たちが窓全開で見届けながら、
斜面に移る自分の影絵で楽しむ夜のトロッコを楽しみながら。
あっという間の約3時間の予土線のクルージングは、終わりました。
トロッコ2


最後に、今回ご参加くださいました皆様に、また、準備をしてくださいました方々に厚く御礼を申し上げます。
スポンサーサイト
  1. 2013/08/01(木) 00:24:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<■日本一の鉄道ビューホテルを目指して。その① | ホーム | 元祖トロッコ最後の夕涼み列車走ります。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dotsubo38.blog.fc2.com/tb.php/29-2015aaa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)